あなたのアイデアの種を権利化し、
事業化までワンストップでサポートします。

Our service

ポッと浮かんだ思いつきも、
相談することで世の中を変える
アイデアに!

ピカッと光るアイデアには出資
(支援金・お祝い金)。「権利化費用」
が最大ゼロ円に!

パッと事業化!権利取得後、
マーケティング、営業までサポート!

Our story

EUREKA BANKのストーリー

「発明」は、多くの人を幸せにし
世の中を明るく照らすものだと私たちは考えます。


しかし、多くの場合、
「思いつき」や「アイデア」のままで留まってしまい、
世の中を変えるところまで至りません。

「思いつき」や「アイデア」をもっとカンタンに、
そしてもっとスムーズに「発明」にすることできたら…。

そんな思いから、
エウレカバンクは生まれました。

具体化

権利化

アイデア・思いつき

事業化

発明

普及

Benefit

利用メリット

アイデアが発明になり世の中を変えるまでのハードルは大きく3つ。

1

お金のハードル
モノになるかわからないアイデアに、弁理士費用や特許費用などのまとまったお金をかけるのは心理的負担が大きいもの。この最初の一歩を踏み出せないアイデアは意外と多いのです。

2

手続きのハードル
弁理士の言っていることがわからない、こちらのやりたいことがうまく伝わらないなど、慣れない相手とのコミュニケーションに多くのストレスを抱えてしまうことも少なくありません。

3

事業化のハードル
権利を活用した事業計画をどう立てるのか、また営業活動はどうするのか、このフェーズから先に進めない「発明」は山のようにあると言えます。ここを乗り越えることが最も重要なのです。

エウレカバンクでは、
この3つのハードルを、
情熱とノウハウと仕組みでサポートします。

権利化から事業化までをワンストップ!

ご自身での権利化・事業化との比較

Promise

皆さんへのお約束

1

あなたのアイデアを
何より大切に扱います

アイデアは皆さんの思いそのもの。大切なアイデアだから、事業性・取得可能性、事業計画などを基準に、専門担当者が適切な権利化の選択肢を提案させていただきます。それぞれのメリット・デメリットを踏まえて一緒にベストな方法を探っていきましょう。

2

どんなときでも
皆さんの一番の味方です

特許取得に慣れている方はそう多くはありません。だから、私たちが弁理士との間に入り、円滑なコミュニケーションをサポートします。権利化のプロである弁理士と深いコミュニケーションができるからこそ、ビジネスに適した権利を取得が可能になるのです。

3

お金に変えるところまで
全力サポートします

当たり前ではありますが権利化してもそのままではお金にはなりません。発明の商品化・事業化をする必要があります。そのための戦略立案、営業支援まで一貫してサポートします。また事業化を見据えて権利化するため、より的確な事業化が叶います。

Voice

ご利用者様の声

A・Tさん
40代
自営業

初めて特許を取得したのですが、弁理士さんから確認のために送られてくる書類を読み込みだけで大変でした。エウレカバンクが仲介してくれたことでスムーズに取得できましたね。

T・Mさん
70代
個人事業主

昔取った特許を何かできないものかと相談してみました。丁寧に相談にのってくださり、営業をお願いすることになりました。私一人ではどうにもならなかったので助かりました。

N・Nさん
30代
会社員

アイデアを思いついたものの特許取得に値するのかわからなかったので、とりあえず相談してみました。面白いと言っていただき、その後の事業化の計画も一緒に考えていただきました。

Step

導入ステップ

「こんなアイデアでも特許が取れるかな?」
といった軽いご相談からお気軽にご連絡ください。知財のプロがアイデアの内容をお聞きした上で、取得すべき権利とその取得にかかる費用をお見積りさせていただきます。

また、所定の基準を満たしたアイデアについては当バンクがその取得費用をサポートします!
さらに、権利取得後は、アイデアを求めている企業とのビジネスマッチングから、アイデアの商品化のための営業サポート、さらに当バンクによるビジネス投資を受けることができます。

通常、権利化は弁理士に依頼し、ビジネス化になると営業代行会社、コンサルティング会社などに依頼して進めることが多いのですが、
ここをワンストップで行うことで、スムーズかつ的確な知財取得・活用を行うことができます。

FAQ

よくあるご質問

Q1

新しい技術アイデアに特許を取得したいと思っております。どのように依頼すればよろしいでしょうか?

A

メール(こちら)又はお問い合わせフォーム(こちら)にて、ご相談内容をお伝えください。書類審査の後、必要に応じて面談日程を提示いたします。この時点では、現物や設計図面などをご用意いただく必要はありません。お話をお聞きしながら一緒にアイデアを具体化していきましょう。

Q2

良いアイディアを思いつきましたが、どんな権利を取れば良いかわかりません。

A

大丈夫です。アイデアをおうかがいしながら、目指すビジネスの形に最適な権利を知財のプロがご提案します。どんな事業にしたいのか、そしてコスト面も踏まて相談しながら決めてきましょう。

Q3

エウレカバンクを利用するメリットは何ですか?

A

大きく分けて、2つあります。
①権利化だけでなく、ビジネス化までをワンストップでサポートします。知識や人脈がなくても、ストレスなく皆さんのアイデアを権利化し、さらにはお金を生み出す事業化・ビジネス化に至るまで一緒にサポートしていきます。
②エウレカバンクの基準を満たしたアイデアに関しては、その権利化にかかる費用、さらに、ビジネス化のための営業サポート、コンサルティング、マーケティングまでを無償でサポートします。持ち出しなくアイデアをお金に変えるチャンスを得ることができます。

Q4

エウレカバンクからの投資額はどのように決定されますか?

A

技術やアイデアの権利化の可能性、ビジネス展望、市場インパクトなどに基づき総合的に判断して決定していきます。

Q5

書類審査や面談は無料ですか?

A

無料です。ただし、特許事務所に依頼が発生すると費用がかかります。その場合は事前に必ず皆さんにお見積りをお出しし、了承を得てから依頼しますのでご安心ください。

Q6

特許事務所とのやり取りはどのように行われますか?

A

特許事務所とのやり取りには、パートナーとしてエウレカバンクも同席しサポートします。特許出願の経験がなくても、安心して特許事務所とのやり取りや手続きを進めることができます。

Q7

権利取得後、特許権を活用したいです。どのようなサービスを提供してくれますか?

A

特許権の利用には、自社製品の独占的な製造販売や、他社への特許ライセンスの提供などが挙げられます。自社製品を独占的に製造販売する場合、営業代行、製造委託契約のアドバイスなどのサービスを提供しております。また、他社へのライセンス提供をご希望の場合、ライセンス先の選定、ライセンス条件・ロイヤリティ(実施料)の助言などをいたします。

Q8

技術アイデアを特許権として保護すべきか、実用新案権として保護すべきか迷っています。実用新案権のメリットを教えてください

A

実用新案登録出願の場合、一定の基礎的要件をチェックした後、出願から数ヵ月で権利化されます。ライフサイクルが短い製品の技術の権利化に適しており、トータルの権利化コストも特許の場合と比べて安くすみます。

ただ、権利行使の際に、「実用新案技術評価書」という書面を相手方に提示する必要があり、実体審査を経ていないため、権利に無効理由を有するおそれもあります。すなわち、特許権に比べて権利の安定性に欠けると言えます。権利期間が出願日から10年であり、特許権(出願日から20年)に比べて比較的短いです。なお、方法に関する技術などは権利化をすることができません。

このように取得権利の選択には専門的な知識が必要です。アイデアを伺いながら、一緒に決めていきましょう。

Q1

新しい技術アイデアに特許を取得したいと思っております。どのように依頼すればよろしいでしょうか?

A

メール(こちら)又はお問い合わせフォーム(こちら)にて、ご相談内容をお伝えください。書類審査の後、必要に応じて面談日程を提示いたします。この時点では、現物や設計図面などをご用意いただく必要はありません。お話をお聞きしながら一緒にアイデアを具体化していきましょう。

Q2

良いアイディアを思いつきましたが、どんな権利を取れば良いかわかりません。

A

大丈夫です。アイデアをおうかがいしながら、目指すビジネスの形に最適な権利を知財のプロがご提案します。どんな事業にしたいのか、そしてコスト面も踏まて相談しながら決めてきましょう。

Q3

エウレカバンクを利用するメリットは何ですか?

A

大きく分けて、2つあります。
①権利化だけでなく、ビジネス化までをワンストップでサポートします。知識や人脈がなくても、ストレスなく皆さんのアイデアを権利化し、さらにはお金を生み出す事業化・ビジネス化に至るまで一緒にサポートしていきます。
②エウレカバンクの基準を満たしたアイデアに関しては、その権利化にかかる費用、さらに、ビジネス化のための営業サポート、コンサルティング、マーケティングまでを無償でサポートします。持ち出しなくアイデアをお金に変えるチャンスを得ることができます。

Q4

エウレカバンクからの投資額はどのように決定されますか?

A

技術やアイデアの権利化の可能性、ビジネス展望、市場インパクトなどに基づき総合的に判断して決定していきます。

Q5

書類審査や面談は無料ですか?

A

無料です。ただし、特許事務所に依頼が発生すると費用がかかります。その場合は事前に必ず皆さんにお見積りをお出しし、了承を得てから依頼しますのでご安心ください。

Q6

特許事務所とのやり取りはどのように行われますか?

A

特許事務所とのやり取りには、パートナーとしてエウレカバンクも同席しサポートします。特許出願の経験がなくても、安心して特許事務所とのやり取りや手続きを進めることができます。

Q7

権利取得後、特許権を活用したいです。どのようなサービスを提供してくれますか?

A

特許権の利用には、自社製品の独占的な製造販売や、他社への特許ライセンスの提供などが挙げられます。自社製品を独占的に製造販売する場合、営業代行、製造委託契約のアドバイスなどのサービスを提供しております。また、他社へのライセンス提供をご希望の場合、ライセンス先の選定、ライセンス条件・ロイヤリティ(実施料)の助言などをいたします。

Q8

技術アイデアを特許権として保護すべきか、実用新案権として保護すべきか迷っています。実用新案権のメリットを教えてください

A

実用新案登録出願の場合、一定の基礎的要件をチェックした後、出願から数ヵ月で権利化されます。ライフサイクルが短い製品の技術の権利化に適しており、トータルの権利化コストも特許の場合と比べて安くすみます。

ただ、権利行使の際に、「実用新案技術評価書」という書面を相手方に提示する必要があり、実体審査を経ていないため、権利に無効理由を有するおそれもあります。すなわち、特許権に比べて権利の安定性に欠けると言えます。権利期間が出願日から10年であり、特許権(出願日から20年)に比べて比較的短いです。なお、方法に関する技術などは権利化をすることができません。

このように取得権利の選択には専門的な知識が必要です。アイデアを伺いながら、一緒に決めていきましょう。

MORE

Our team

運営チーム

知財担当

笑顔がトレードマークの弁理士。柔らかい口調とは裏腹に知財に関する熱い情熱を持ち、特許・商標について語り出したら止まらない。ポリシーは「発明者の権利の最大化と事業に役立つ権利化」。寄り添い共に考え抜く姿勢が信頼を集めるこの道15年のプロ。情報、機械、電気電子、化学、バイオまで幅広い分野に対応可能。

コンサル/営業担当

消費財から機械パーツまで、決して大手志向ではなくビジネスの筋にこだわりを持つコンサルタント。マーケティングを駆使した営業戦略に強く自動車業界、医療業界、建築業界など人脈も幅広い。好きな言葉は「ロマンとソロバン」。夢を実現しつつきちんと儲けることを大事にしている。

マーケティング担当

チーム最年少ながら、その知識量と実績でメンバーからはもちろん、クライアントからも信頼が厚いマーケッター。得意領域はWeb。デジタルからアナログまで幅広く対応できるバランスタイプ。趣味はサッカー。熱い思いを感情移入する人情派。

PR担当

大手企業で広報部でスキルを磨いた経験から、広報・PR業務の知識はもちろん、話題作りのための提案力はピカイチ。その思い切った戦略は、時にメンバーからなだめられることも。ワクワクすることが大好きで、それを世に知らしめることが生きがい。

このメンバーを中心に
最適なチームでサポートいたします。

News

お知らせ

2020.11.16

【第1回】コロナ対策グッズ・アイデアコンテスト開催。12⽉末まで アイデア募集中!


新型コロナウイルスの出現により、⽇本はもとより世界中の⽇常⽣活が激変。今は感染予防対策をしながらも楽しく、快適に、そしてファッショナブルにこのコロナ禍を乗り切るアイデアグッズが求められています。本コン…
続きを読む

2020.08.03

【一次審査終了】家族で特許を取ろう! 第1回 ファミリー発明コンテスト


【一次審査結果】 第1回 ファミリー発明コンテストに関して、たいへん多くのご応募をいただき、ありがとうございました。 非常に面白く興味深いアイディアばかりでしたが、厳正な審査をさせていただきましたので…
続きを読む

Contact

お問い合わせ

「こんなアイデアでも相談していいの?」「権利化、事業化にはいくらくらいかかるの?」など、気になることをお気軽にご相談ください。なお、混みあっている場合、3日程度お返事に時間をいただくこともございます。ご了承ください。
*は必須項目です。

お問い合わせ種別(複数選択可)

まずはお気軽にご相談

プライバシーポリシー

当社は、当社が取得した個人情報の取扱いに関し、個人情報の保護に関する法律、個人情報保護に関するガイドライン等の指針、その他個人情報保護に関する関係法令を遵守します。

個人情報の安全管理

当社は、個人情報の保護に関して、組織的、物理的、人的、技術的に適切な対策を実施し、当社の取り扱う個人情報の漏えい、滅失又はき損の防止その他の個人情報の安全管理のために必要かつ適切な措置を講ずるものとします。

個人情報の取得等の遵守事項

当社による個人情報の取得、利用、提供については、以下の事項を遵守します。

(1)個人情報の取得
当社は、当社が管理するWebサイト(以下「本サイト」といいます。)の運営に必要な範囲で、本サイトの一般利用者(以下「ユーザー」といいます。)又は本サイトに広告掲載を行う者(以下「掲載主」といいます。)から、ユーザー又は掲載主に係る個人情報を取得することがあります。
(2)個人情報の内容
当社における個人情報とは、お客様からご提供いただく、お名前・ご住所・電話番号・FAX番号・電子メールアドレス、指紋認証・顔認証データ、パスポート番号、運転免許証番号等、お客様個人を特定できる特有の情報をいいます。
(3)個人情報の利用目的
当社は、当社が取得した個人情報について、法令に定める場合又は本人の同意を得た場合を除き、以下に定める利用目的の達成に必要な範囲を超えて利用することはありません。

① 本サイトの運営、維持、管理のため
② 本サイトを通じたサービスの提供及び紹介のため
③ 本サイトの品質向上のためのアンケートのため
④ 本サイト及び当社サービスの改善及び新サービス開発のため
⑤ 問合せ対応又は問合せをするため
⑥ ユーザー又は掲載主に合わせてカスタマイズしたコンテンツを提供するため
⑦ 本サイトの更新情報等のお知らせを送信するため
⑧ キャンペーン等での利用のため
⑨ 当社サービスに関する規約等に違反したユーザー又は掲載主への対応をするため
⑩ 本サイト以外の提供サービスについてご案内するため
⑪ その他上記に付随して必要な範囲で,当社によるサービス提供のため

(4)個人情報の提供等
当社は、法令で定める場合を除き、個人情報を第三者に提供することはありません。ただし、以下のいずれかの場合、個人情報を開示する場合があります。

① お客様ご本人の同意を得た上で、当社と守秘義務契約を締結している提携会社及び業務委託会社に対して、お客様に明示した収集目的を実施する場合(なお、この場合には当社の規則に従い、適切な管理・保護を行うよう指示、監督を行います。)
② 統計的なデータとして、個人を識別できない状態に加工した場合

(5)個人情報の利用目的の変更
当社は、前項で特定した利用目的は、予め本人の同意を得た場合を除くほかは、原則として変更しません。但し、変更前の利用目的と相当の関連性を有すると合理的に認められる範囲において、予め変更後の利用目的を公表の上で変更を行う場合はこの限りではありません。
(6)個人情報の変更・訂正・削除
当社は、お客様から個人情報の変更・訂正・削除のご依頼をいただいた場合には、合理的な範囲で速やかに対応いたします。
(7)個人情報の取扱いの改善・見直し
当社は、個人情報の取扱い、管理体制及び取組みに関する点検を実施し、継続的に改善・見直しを行います。なお、見直しによりプライバシーポリシーを改定したときは、速やかに通知・公表いたします。
(8)個人情報の廃棄
当社は、個人情報の利用目的に照らしその必要性が失われたときは、個人情報を消去又は廃棄するものとし、当該消去及び廃棄は、外部流失等の危険を防止するために必要かつ適切な方法により、業務の遂行上必要な限りにおいて行います。
(9)個人情報の開示
当社は、お客様から個人情報の開示のご請求をいただいた場合には、御本人であることが確認でき次第、合理的な範囲で速やかに対応いたします。
(10)免責
当社のウェブサイトにリンクが設定されている他のウェブサイトにおけるお客様の個人情報に関しては、当社の責任は及びません。
(11)苦情や相談の担当窓口
当社のプライバシーポリシーに関するお問い合わせ・苦情等は、以下のお客様窓口にて受け付けます。


株式会社エヌエイ
〒150-0001
東京都神宮前2-33-12
info@neo-ambivalence.com

反社会的勢力に対する基本方針

当社は、次のとおり反社会的勢力に対する基本方針を定め、従業員一同これを遵守することにより、業務の適切性と安全性の確保に努めます。

1.組織としての対応
反社会的勢力に対しては、行動規範・社内規定等に明文の根拠を設け、経営トップ以   下、組織全体として対応します。また、反社会的勢力に対応する従業員の安全を確保します。
2.外部専門機関との連携
平素から、警察、暴力追放運動推進センター、弁護士等の外部の専門機関と緊密な連携関係を構築することに努めます。
3.取引を含めた一切の関係遮断
反社会的勢力に対しては、取引関係を含めて、一切の関係を遮断します。
4.有事における民事と刑事の法的対応
反社会的勢力による不当要求を拒絶し、必要に応じて民事および刑事の両面から法的対応を行います。
5.裏取引や資金提供の禁止
反社会的勢力との裏取引は絶対に行いません。
反社会的勢力への資金提供は絶対に行いません。